☆「エロ画像の助」更新記事☆

【愛液エロ画像】股間からとめどなく溢れる性の蜜…卑猥すぎて草生えるw【画像追加09/20】

【愛液エロ画像】股間からとめどなく溢れる性の蜜…卑猥すぎて草生えるw
管理人コメント♪女の子が性的な興奮を覚えたり、快感を感じたりすると何がどうなるか?そんな事は聞くまでも無く、読者の皆様はお分かりですよね?そうです、女性器、つまりはオマンコが愛液によって濡れてしまうんですね!w今回集めたエロ画像は、そんなオマンコを愛液で濡れ濡れにしてしまった女の子たちの局部をクローズアップした過激なエロ画像のご紹介となっております!正常な男子であれば、この大迫力のエロ画像に興奮できない方はきっと居ないのではないかと思うほどの迫力とエロス!まずは、ご自分の目でこちらの画像をじっくりとご覧くださいませ!下半身に直撃する大迫力のマン汁が糸ひくエロ画像をお楽しみください!

愛液について

正式名称は膣分泌液、バルトリン腺液やスキーン腺液、子宮頚管粘液などの液が混ざっている女性が性交をスムーズに行うために分泌される液の通称。愛液という表現自体は恐らくは官能小説が元ネタだろうが最初に使った作品までは不明。もっとも官能小説は色々な作者によって様々な言い回しが作られ続けているのでどれがメジャーになったからといって言い出しっぺが一番得をするという事はまずない。特許を取る人も皆無であろう。

その愛液が分泌される理由は前述の通り、スムーズにセックスを行うため。乾いたままの膣内に男性器を挿入するなど男女ともにただでは済まない激痛を味わうのは明らかなので、濡らさなくては話にならないのである。ただし濡れがイマイチならばローションで代用するのも可。ちなみにバルトリン腺液とスキーン腺液は膣穴近くにある小さな穴から出るものでサラサラだが、子宮頚管粘液は文字通り粘っこい。そして排卵日が近い日に出たものは粘度が更に強まっているという。普段は前述2つの液に混ざって透明に近い色だが、子宮頚管粘液だけが多めに出ると真っ白なネバネバが…というのがいわゆる本気汁の事。多く出れば出る程女性は強い快感を味わい絶頂までもうすぐという訳である。ただし前述の2つの液もちゃんと出てくれないと挿入し辛いだろうから愛撫は丁寧に行わなくてはいけません。

ちなみに参考までに、乾いてた訳ではないが中途半端に濡れた程度の膣穴に突っ込んだ時、あまりにも痛すぎてやっとの思いで全部入れたはいいけど、動こうとしたらまた地味な痛みが…という経験がありました。気持ちいいセックスができるかどうかはお互いの体調も影響しますので、調子悪い時はローションの使用も視野に。

オマンコから溢れる愛液が卑猥すぎる! 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

【愛液エロ画像】ねっとりとしたエッチなお汁をおまんこからいっぱい出してる美女たち!

(2018/09/20画像追加)

愛液をアソコからたっぷりと流す女性たちのエロ画像。量も多く指で触れたら糸を引くぐらいになっていれば、早く男性器が欲しくてたまらないといった状況なのでしょう。焦らさずに早めに差し上げるのが礼儀ですかね。

26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

愛液の関連オススメ記事